暮らし 「いい、加減。」なまつやまの暮らし

  • 松山のくらし ここがいい加減!
  • 松山に暮らして思うこと
  • 松山市内のスポット・施設リンク
Facebook Twitter Google+

私の「いい、加減」な暮らし編真上から眺める松山は、自然と美食のアミューズメント

斉田耕一さん
プロフィール

斉田耕一さん [2012年3月 東京より移住]

ご出身:東京都

ご職業:雑貨店mees.(ミース)オーナー

真上から眺める松山は、自然と美食のアミューズメント
(松山を真上からみて下さい。そうすると分かりやすいですよ。)

東京から奥様の故郷、松山へ

2012年の8月、湊町4丁目にオープンした雑貨店「mees.(ミース)」のオーナー斉田さんは生粋の東京人。その彼が松山出身の奥様と知りあい、結婚を機に生活の拠点を松山に切り替えました。奥様はまだ東京に居たかったみたいですが(笑)ご主人が松山にハマってしまったのです。

結婚前に奥様の故郷「松山」に初めて来たのが、斉田さんにとって初めての四国上陸でした。それまで北海道から九州まで行き来していたにも関わらず四国へは一度も足を踏み入れたことが無かったのです。そういうことで、四国への関心も低くほとんど知らないことだらけ、3つの橋で繋がっていることを知っていても、東京からは距離以上に遠かったのです。その斉田さんが松山を語る言葉は熱く優しさに溢れていました。

自然と人が共存する松山の美しさにハマってしまった

松山城を中心に、周りをぐるりと囲むように市内電車がゴトゴト走っています。ミシュランにも掲載された道後温泉が程よい距離に位置し、西方には、天高き青い空と陽の輝きが反射する透き通った海に点在する小さな島々が遠く近くに重なりあって、まるで絵画をみるかの如く美しく連なっています。

対する山々は、遠く石鎚山を仰ぎ見るロケーションで、まるで住む人を守ってくれるかのような自然の包容力につつまれ、自然と人が本当に共存している街だと思います。

松山城を中心とした城下町は生活の場として最適な環境

松山は高低差がほとんどないため、とても生活がしやすい街です。その中心にお城が鎮座し文字通り城下町なんです。そのお城を中心に学生街、ビジネス街、繁華街、空港、道後温泉、お寺が適所に振り分けられ、先ほどの多島美のように緑豊かな公園が至るところに見える風景は生活の場として最高の環境といえます。

それに、私みたいに松山の地理に詳しくない人でも、迷子になったら松山城を探す事で大体の位置は分かってしまう利便性も兼ね備えていますし……(笑)

自然が多くて温泉も近く、食べ物も美味しい特別な街

松山って1つの国として成り立っている感じがするのです。無理して外に出なくても生活を楽しめる街なんだと思います。

豊かで優しい自然と美味しい物がふんだんにある松山平野のなかに、ミシュランで紹介された道後温泉が日常に楽しめる距離にあり、また、松山空港からは信じられないくらい短い時間で移動が可能という………そうそう、最後になりましたが、そこに住んでいる人が優しさに満ち溢れていることを言っておかなくてはなりません。昔からのお接待の文化で育まれたおもてなしの心、温泉が近くにあって楽しめ、美味しいものだらけ……ある意味日本でも希少で優良な領域です。私にとって、この街に住むことは特別なのかもしれません。

あなたのいい、加減教えて下さい!