暮らし 「いい、加減。」なまつやまの暮らし

  • 松山のくらし ここがいい加減!
  • 松山に暮らして思うこと
  • 松山市内のスポット・施設リンク
Facebook Twitter Google+

私の「いい、加減」な暮らし編いつのまにか馴染む居心地のよさ

馬場 友加吏さん、蒲生 祥子さん
プロフィール

左:馬場 友加吏さん (四国中央市出身、会社員)

右:蒲生 祥子さん (宮崎県出身、大学職員)

住んでみて実感する、松山の便利さ居心地のよさ

知らなかった街、松山との出会い

蒲生:宮崎から福岡の大学に進み、卒業後、東京で就職し結婚しました。そして主人の仕事の都合で一緒に松山に来たんです。それまで松山のことをまったく知りませんでした。名前を聞いたことのある道後温泉が松山にある事すら知らなかったレベルでしたね。(笑)

馬場:私は同じ愛媛県の四国中央市で生まれ、大学入学をきっかけに松山に来ました。四国中央市に住んでいる時、遊びに行くのはもっぱら高松方面だったので、私もあまり知らなかったですね。

暮らしやすい松山の生活

蒲生:移り住んできた最初は、必要最低限の外出だけだったんですが、道後温泉や松山城など定番の観光施設などを巡り、外に出るようになって楽しめるようになりました。特に車がこんなに便利だとは気づきませんでしたね。自宅からスーパーへの「ドアtoドア」の感覚がとっても楽です。渋滞もそこそこですし、大抵のところへは行けてしまうんです。そして、何より物価が安いです。家賃が当初考えていた金額の半分くらいだったのは驚きでしたね。

馬場:私は、大学を卒業後そのまま松山に居着いてしまった派です(笑)。松山の生活はそれまでの4年間の学生生活がとても住みやすかったのでそのまま就職までしてしまいました。
私の移動は主に自転車と原付です。自転車と原付で不便な思いをしたことがありません。これって松山がコンパクトな街って言われるゆえんでしょうか。 それと、飲食店の多さにビックリしました。お洒落なお店がすごく充実していますよね。

松山の食材は美味しいものが多い

蒲生:松山の生活に慣れてきたころ初めて覚えた料理、それがいも炊きなんです。こんなにヘルシーで美味しいものって嬉しくなりますね。里芋は銘柄指定「伊予美人」です。ホクホクでとっても美味しいですから買い物先にあれば迷わず買っちゃいます。

馬場:私は「じゃこ」が大好きです。そのままでも美味しいですし、様々な料理にも使えるのがいいですね。改めて考えると、松山の食材って美味しいものが多くないですか?

蒲生:それに種類も多いですね。鮮魚店に行くと、知らない魚を見かけることがよくあるのですが、そういう時は魚屋さんに調理法を聞いて帰ります。・・・そして、食べるとやっぱり美味しい。

松山の方言への印象、友人に案内する好きな観光コース

蒲生:最初、年配の方々の早口の会話がわかりませんでした(笑)。でも聞き慣れてくると、松山の方言って暖かいと思います。とても人なつっこくて、出しゃばらない奥ゆかしさがあります。それが松山の方言が「丸い」というイメージに繋がるんです。その柔らかさが、外から見た時に内気とか引っ込み思案のイメージにつながるんでしょうけど・・・。

友人が来た時に案内する私の好きなコースがあるんです。それは、松山城からロープウェイ街を通って一番町に向かう道筋です。このコースは、城山からのロケーションや自然の中を通って風情あるロープウェイ街を散策して行く道すがらとっても楽しめます。それに、途中「みかんジュース蛇口」もありますし(笑)。

馬場:私も松山の方言は人なつっこさを感じます。私の出身の東予は関西に近いので言葉が強い感じがしますが、松山って道後温泉のイメージなんでしょうか、やわらかく丸い気がします。四国で一番大きな街なのに、それをひけらかさない心のゆとりというか、相手にたいする優しさを感じますね。

今ハマっているのが足湯巡りで、それぞれの施設が趣向を凝らしていて、地元の人や観光客の方々などが境界線なく一緒に浸かっている風景が好きです。自由気ままに利用できるのは温泉街ならではの贅沢な時間だと思います。もちろん無料なのもいいですね。

松山って「◯◯◯」なところでした

蒲生:松山って雪が積もるのは知らなかった(笑)のですが、スキー場まで近いとか、海も近い、飛行場からも近い、それでいて、夜は静かですし、こんな立地条件が整っている街って知りません。もっと、アピールするべきですよね。それと、松山に来てから食材を近所の小売店で購入し、調理して食べるという当たり前の生活が普通に送れるようになりました。また、無駄な時間がなく過ごせるので、ジムとかヨガを始めました。

馬場:私も卒業後そのまま松山に居着いたのはその辺りかも知れません。綺麗な街ですし、自然豊かな街、それでいて生活には何も不満を感じないんです。それに、松山の生活で一番変わったのは、人間らしい生活が出来るようになったことですね(笑)それと、松山に来てから仕事の影響もあってカメラを持つ機会が多くなりました。裏通りとか路地に入ったところとか、普通に見えているところが写真という被写体になることで、面白くなったり、アート的になったり、不思議な一瞬の写真が撮れるスポットが松山にはたくさんありますよね。

あなたのいい、加減教えて下さい!