食 やみつきになる味が多いんよ。

  • ほっこりぬくもる松山グルメ探訪
Facebook Twitter Google+
ほっこりぬくもる松山グルメ探訪

鯛めし(炊き込み)

天然鯛の旨味を愉しむ
シンプルな鯛めし

太田屋 鹿島店

創業は、なんと日本史ではペリーが来航した年である嘉永6年(1853年)という太田屋。
太田屋は、北条店と鹿島店があり、今回は、鹿島店をご紹介します。 鹿島は北条港から渡船で1分くらいで、あっという間に到着します。
渡船の船着場から右手に赤い屋根の海に突き出た建物それが太田屋鹿島店です。徒歩ですぐに着きます。 食事するのは、3方を海に囲まれたロケーションで、波の音と船の汽笛等が旅の旅情を一層引き立ててくれます。

通常は、炊き上げたごはんがお櫃に入って出てきます。その際には鯛はごはんにまぶされているので、そのままお茶碗についでいただきます。今回は、炊きあげた状態を再現したものも用意しました。
さて、肝心の味はどうでしょうか!
太田屋の鯛めしは、鯛とダシで炊き上げその後、その身をほぐして混ぜ込みいただく炊き込み鯛めしになります。入っている具材は天然の鯛のみという至ってシンプルなもの。米の色も薄いので、見ようによってはほとんど白ご飯と変わらないくらいです。
メインの鯛は、いつき灘の天然鯛をつかい、それに太田屋特注の醤油と昆布でダシをとり炊きあげるだけという至ってシンプルなものでした。もちろん鯛の状態、季節などによって常に微調整はしているものの、色は限りなく白く、味は繊細で天然鯛の上品な旨みを壊さない雑味なしの味です。

鯛って本当に美味しいものなんですね。
ダシ加減も、鯛の旨みを知り尽くした老舗ならではの味といえるでしょう。
太田屋の鯛めしは、すべて天然鯛の旨みを引き出すためのもので、その味はクセになる味と言ってもよいですね。御主人にお聞きしたところ、太田屋にきて鯛が美味しいことを初めて知ったというお客さまもいらっしゃるそうです。

店舗情報

ホームページ
太田屋のホームページ
http://locoplace.jp/t000303728/contents/
住所
愛媛県松山市北条辻1596-3
営業
※鹿島店は、4月末頃から11月上旬頃まで営業
TEL
089-993-0012
さらに詳しい情報は、瀬戸内・松山食べ巡りプロジェクトへ